サイドメニュー
最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2012 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
初夏の紀州路〜旬の山椒を求めて〜
こんにちは!丹波屋です。
5月末に和歌山へ山椒を仕入れに行って参りました。

JA紀の里さんの撰果場(採れた食材を仕分けする場所)です。
周囲一帯はのどかな田園風景です。




撰果場での作業風景です。




早速、JA紀の里さんに集荷の現場へ案内してもらいました。
山道を車で10~15分ほど、少し離れた場所です。
自然が一杯ですね!




集荷場もきれいに整備され、手間をかけている様子が伺えます。




平地での山椒の集荷は終わっていて
山地での山椒はちょうど集荷中でした。
平地と山地では気候が違いますので、採取の
時期がずれるらしいです。

山椒は一日10kgほどしか手摘みで採れないそうです。




真剣に説明を聞いている当社常務の丹羽(左から3番目)と製造担当の矢田(1番左)
です。




おいしそうな山椒を目の当たりにして、思わず笑みがこぼれる丹羽でございます。




そして採取できた山椒、2種類あります。
「ぶどう」  粒が大きめ




「あさくら」 粒が小さめ




最後に梅の写真を・・・
和歌山は梅の産地としても、有名です。
香りが、風にゆられてただよってきます。



とれたての山椒を使った「新山椒昆布」
ネットショップでまもなく販売いたします。


▲PAGE TOP